あなたのブログにアフィリエイトリンクを公開していますか?

ブログに最初のアフィリエイトリンクを配置したときに、リンクの性質について読者に伝えるべきかどうか疑問に思ったことはありませんか?多くのブロガーは、それが正しいことかどうか疑問に思っています。アフィリエイト契約を開示すると収益に影響を与える可能性があると感じている人もいます.


すべてのブロガーに、自分の直感に基づいて何をすべきかを決定させるだけでよいのでしょうか?結局のところ、それは簡単なことではありません。アフィリエイトリンクを開示する必要があるかどうか、およびその方法を学ぶために、引き続き読みます.

ブログのアフィリエイトリンク

あなたはアフィリエイトリンクを開示する必要がありますか?

あなたが米国に住んでいる場合、その質問に対する答えは間違いなくYESです。. FTC 推薦を開示する方法を規制するガイドラインを示しています。基本的に、レビューする無料の製品を受け取ったり、コンテンツにアフィリエイトリンクを含めたり、スポンサー付きの投稿を書いたり、その他の種類の報酬を受け取ったりする場合は常に、開示を含める必要があります。.

FTCの開示ガイドラインは、ブログプラットフォームとソーシャルネットワークの両方に適用されます。ブログやソーシャルメディアのアカウントで、これらの開示ガイドラインを順守していないという苦情を受けた場合、FTCに問題が発生し、法廷に出される可能性があります.

米国に住んでいない場合?

FTCは米国を拠点とする組織であるため、米国に居住していない場合は、管轄外です。ただし、何も心配する必要がないという意味ではありません。まず、推奨の開示に関する地域のガイドラインを確認します。この問題に関するガイドラインはありませんか?繰り返しますが、これはこれらのガイドラインがあなたに影響を与えないという意味ではありません.

たとえば、アフィリエイトリンクが米国を拠点とする会社を支持しているが、米国外を拠点としているとしましょう。十分な苦情があった場合、FTCはあなたのサイトを通じて宣伝しているため、支持している会社の後に行く可能性があります。そして、広告はFTCのガイドラインに従っていない.

ここでは、ガイドラインについては考慮しません。アフィリエイトリンクを開示することは、まだ良い考えです。なぜ?

視聴者との信頼関係を築くのに役立ちます.

信頼関係の構築に関心がある場合、特にアフィリエイトリンクとスポンサーシップの開示が一般的で倫理的なものになっている米国からの視聴者が多い場合は、開示を含める価値があります。正しく行われていれば、視聴者はこれらのアフィリエイトリンクを介してあなたをサポートすることを選択する可能性があり、これにより収益が増加します.

リンクをどのように開示しますか?

ブログやソーシャルメディアアカウントに開示を含める必要があるか、または含めることを検討したので、次に、裏書きとスポンサーシップを開示する方法を見てみましょう。.

FTCガイドラインは万能のアプローチを提供していませんが、それらは、あなたがすべき、すべきでないいくつかのことを概説しています.

主なことは、開示を明確かつ目立つようにすることです.

FTCは、「明確で目立つ」開示を行うにあたり、 .com開示文書 ブロガーは「開示を引き金となる主張にできる限り近づけて」、「消費者が広告や対応する開示を表示するために使用できるさまざまなデバイスやプラットフォームを考慮に入れている」開示へのハイパーリンクを作成するときは、ハイパーリンクにラベルを付け、それを明確にすることをお勧めします。読者にスクロールして開示を見つけさせたり、開示を見る前に購入を許可したりしないでください。.

いくつかの例を考えてみましょう.

番号: ブログ投稿にアフィリエイトリンクを含め、投稿にアフィリエイトリンクが含まれる可能性があることを示す免責事項を最後に含めます.

これは、特にアフィリエイトリンクと開示の間にハイパーリンクがあり、読者が開示する前に読者の注意をそらす可能性がある場合、FTCガイドラインに適合しません。また、どのリンクがアフィリエイトリンクであるかも明確ではなく、開示をトリガークレーム(アフィリエイトリンク)の近くに配置していません。.

はい: 「開示:これはアフィリエイトリンクです。つまり、このリンクを介してExample.comにアクセスし、この製品を購入すると、コミッションが支払われることを意味します。心配しないでください。価格は変わりません。」

確かに、あなたの開示を表現する方法はたくさんあります。重要なのは、この開示がリンクのすぐ隣に配置されているため、読者が見逃さないようにするためです。.

番号: ブログ投稿内で、開示ページを確認してリンクするよう読者に指示します.

これは一般的には十分ではありません。リンクをブログの投稿で直接開示し、スポンサーとなっているリンクを明確にする必要があります.

はい: アフィリエイトリンクの直後に、「注:これはアフィリエイトリンクです。つまり、このリンクから製品を購入した場合、報酬を受け取ることになります。詳細については、私の開示ページにアクセスしてください。」

この場合は、トリガーの主張に近い開示があり、リンクの性質について明確でした。ブログの開示ページへのリンクはオプションですが、投稿内で余計な言葉を使わずに詳しく説明したい場合は、これを行うことができます.

番号: サイドバーに全面的な開示を含め、読者がどのページやブログ投稿を閲覧しているかに関係なく、サイト上のアフィリエイトリンクのインスタンスをカバーすることを望んでいる.

残念ながら、この例はFTCの目からはまだノーノーです。彼らはあなたの開示があなたのトリガータームによって無関係なグラフィックや情報を通して分けられることを望んでいません。サイトの訪問者がモバイルデバイスでブログを読んでいる場合、サイドバーはコンテンツから分離されていることが多く、表示される可能性はほとんどありません。.

はい: アフィリエイトリンクを開示し、読者に完全な開示を示します。例:「これはアフィリエイトリンクです。つまり、このリンクから購入したアイテムの報酬を受け取ります。詳細については、サイドバーの免責事項をご覧ください。」

FTCが述べているように、「スクロールが必要な場合は、テキストまたは視覚的な合図を使用して、消費者にスクロールして開示を表示するように促します。これは、読者を開示に導くための許容できる方法です。.

ボーナスチップ: TwitterまたはFacebookでアフィリエイトリンクを共有している場合、製品を紹介する前に、「広告」、「アフィリエイトリンク」、「スポンサーシップ」などのステートメントを含めることで、読者がリンクの性質を理解できるようにすることができます。.

ブログの読者との承認情報の共有に関するその他の開示例と情報については、 FTCの.com開示文書.

アフィリエイトリンクの開示についてどう思いますか。あなたはそれをしますか?ブロガーがする必要があると思いますか?コメント欄でお知らせください.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map